雪道を歩くには、「ミッドフット歩行」で。

数日前の清風園の軒先

ここのところ、寒い日が続いています。
先週は、首都圏でも積雪があり、鉄道のダイヤも乱れたようですね。

 

こういう時のニュースで、必ず放送されるのが、歩行者が凍った道で転ぶシーン。
転ばないようにするには、「ミッドフット歩行」が、一番。

 

「ミッドフット」というと昨年秋に放送された話題のドラマ『陸王』での「ミッドフット走法」を
思い起こす方も多いのでは?
私も、マラソンを走るので、興味深いドラマでした。

 

さて、本題。

 

凍った道で歩く際に、気を付けたいのは・・・
◆着地は足の裏全体、特に足裏の真ん中から少し前あたりでの着地を意識して。
(これがミッドフット歩行)
普通は、誰しも「かかと」からの着地で歩いていますが、雪道でこれをやると
すぐに転びます。
◆歩行は、大股ではなく、いつもより小股で。
大股で歩くと、「かかと」着地になります。
◆歩く時は、遠くを見るのではなく、足元を見ながら。
凍った道もあれば、積雪で状態が判らない道もあります。
特に怖いのは、積雪したあと、車両通行等で少し解けた雪が、夜間に凍った時。 ガチガチです。
◆膝も曲げ気味に歩く。
膝を真っ直ぐにすると、やはり「かかと」着地になりやすいです。
◆荷物は、できればリュック等にいれ、両手を空けて。
背負った方が、歩くバランスもよくなります。
◆両手は、ポケットにいれず、手袋をして歩く。
転んだ時に、ポケットに手を突っ込んでいると、ケガもしやすくなります。

 

上記のことを気を付けて歩いていただければ、転ぶ確率はグッと減ります。
それでも、ガチガチに凍った道は歩きにくいもの。
そういう道の場合は、私は着脱式のスノースパイクを愛用しています。
普通のビジネスシューズに履くものです。各社から、販売されています。

 

https://evernew-product.net/products/detail.php?product_id=1188

 

私は、ネット通販で見つけて購入しましたが、東急ハンズ等でも販売していました。

 

私は、出張が月に何度かあるので、自宅から最寄り駅までは、このスノースパイクを履き、駅で外し、また帰宅時に駅から履くようにしています。
外したスパイクも、小さくて軽いので、出張の荷物の邪魔になることもありません。
普通は雪が少ない場所にお住まいの方も、こういったスノースパイクを持っていれば、いざという時に役立ちますよ。
(ちなみに、私はメーカーの回し者ではありません。本当に便利なので、ご紹介しました。)