布団派? ベッド派?

旅館は、畳の世界、だから布団というイメージが強いのですが、お客様とお話ししていると、自宅がベッドだから宿泊先もベッドがいいんだよねぇ、というお声が多いこと。

 特に布団だと起き上がるのが大変なので、ベッドの方がいいというお客様が多くいらっしゃいます。

 清風園では、一昨年(2011年)秋に「ツインベッド+10畳の和室」である和洋室を12室新設しました。

ベッドに2名様、10畳の和室に布団2組で、4名様までご利用いただけます。

ベッドも姉妹ホテルのホテルエミオン東京ベイで全室使用しているのと同じS社のベッドで、その寝心地の良さには定評があります。

客室の入口近くの下駄箱の横には、靴を履く時に腰かけていただけるようなスペースも設け、その横には立ち上がる時に支えになるよう壁面にバー(握り棒)も設置しました。

清風園全体でみれば、まだまだ布団が多いのですが、これからの時代は、ご利用いただくお客様をイメージして、どんな世代にも使い易い部屋作りとますますベッドを採用する旅館が増えてくるのだと思います。

ホテルだけでなく温泉旅館でも、ベッドのご利用はいかがですか?