祭りの夜

 

写真は、2011年の時の清風園前での獅子の練り歩きです。

 

今年も地元・上山田の夏祭りが今日7月13日(土)と明日14日(日)に開催されます。

 もともと千曲川の河原の「いで湯」であったこの温泉は、昔から川の洪水の威力になすすべが無く、堤防ができた今でも、洪水が起きないようにとの願いを込めて「水神様」の怒りを鎮めるために行われるお祭りです。

 14日には、巨大な獅子が引く山車の上では芸者さんが優雅に踊り、木遣りの唄が響き、お神楽の調べが、街のあちらこちらそして宿の玄関前でも繰り広げられ、お泊りのお客様に毎年楽しんでいただいています。

お子様には、通りにずらりと並ぶ屋台の方がお気に入りのようですが。

 その夜には、通りで神輿がいくつも練り歩き、舞台上では大太鼓が勇壮に打ち鳴らされ、クライマックスには旅館街のすぐ裏の山の中腹から花火が打ち上げられます。

 ここで一句。

露天の湯 祭囃子(ばやし)の 音(ね)も近く

 来年の夏祭りまでには、もうちょっと良い句をひねり出せるようにします。