雪道を歩くには、「ミッドフット歩行」で。

数日前の清風園の軒先

ここのところ、寒い日が続いています。
先週は、首都圏でも積雪があり、鉄道のダイヤも乱れたようですね。

 

こういう時のニュースで、必ず放送されるのが、歩行者が凍った道で転ぶシーン。
転ばないようにするには、「ミッドフット歩行」が、一番。

 

「ミッドフット」というと昨年秋に放送された話題のドラマ『陸王』での「ミッドフット走法」を
思い起こす方も多いのでは?
私も、マラソンを走るので、興味深いドラマでした。

 

さて、本題。

 

凍った道で歩く際に、気を付けたいのは・・・
◆着地は足の裏全体、特に足裏の真ん中から少し前あたりでの着地を意識して。
(これがミッドフット歩行)
普通は、誰しも「かかと」からの着地で歩いていますが、雪道でこれをやると
すぐに転びます。
◆歩行は、大股ではなく、いつもより小股で。
大股で歩くと、「かかと」着地になります。
◆歩く時は、遠くを見るのではなく、足元を見ながら。
凍った道もあれば、積雪で状態が判らない道もあります。
特に怖いのは、積雪したあと、車両通行等で少し解けた雪が、夜間に凍った時。 ガチガチです。
◆膝も曲げ気味に歩く。
膝を真っ直ぐにすると、やはり「かかと」着地になりやすいです。
◆荷物は、できればリュック等にいれ、両手を空けて。
背負った方が、歩くバランスもよくなります。
◆両手は、ポケットにいれず、手袋をして歩く。
転んだ時に、ポケットに手を突っ込んでいると、ケガもしやすくなります。

 

上記のことを気を付けて歩いていただければ、転ぶ確率はグッと減ります。
それでも、ガチガチに凍った道は歩きにくいもの。
そういう道の場合は、私は着脱式のスノースパイクを愛用しています。
普通のビジネスシューズに履くものです。各社から、販売されています。

 

https://evernew-product.net/products/detail.php?product_id=1188

 

私は、ネット通販で見つけて購入しましたが、東急ハンズ等でも販売していました。

 

私は、出張が月に何度かあるので、自宅から最寄り駅までは、このスノースパイクを履き、駅で外し、また帰宅時に駅から履くようにしています。
外したスパイクも、小さくて軽いので、出張の荷物の邪魔になることもありません。
普通は雪が少ない場所にお住まいの方も、こういったスノースパイクを持っていれば、いざという時に役立ちますよ。
(ちなみに、私はメーカーの回し者ではありません。本当に便利なので、ご紹介しました。)

  新年明けまして、おめでとうございます。

朝食会場のお屠蘇です。


皆様、明けましておめでとうございます。

昨年中は、清風園をご利用いただき、ありがとうございました。

今日は早くも1月3日。
深夜から降り続いた雪が、10cmほど積もった朝です。

昨夏に私が体調を崩してしまい、当ブログもお休みさせていただきました。
今年は、復活の年にすべく、前進また前進で行きたいと思います。

皆様も、健康第一でお過ごしください。

  清風園の「園」は、動物園の「園」?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、GW前に敷地内でスタッフが見つけた『鴨』の巣。卵が10個程度ありました。スタッフが見かけた時は、親鳥が温めていたそうです。
その後、GWで忙しかったため、後日見に行ったところ、この巣はもぬけの殻でした。
無事に生まれてくれたかな?

 

また別の日には、中庭で『キジ』の雄が、トーントーンと飛び跳ねるように動き回っているのを私自身がスタッフと目撃しました。(残念ながら、写真は撮り損ねましたが)

 

戸倉上山田温泉自体も山に囲まれ、また当園の目の前は千曲川とそこに広がる河川敷。
そういったところから飛んで来るのでしょうね。
千曲川の土手のすぐ近くの道路では、スタッフが『鹿』を目撃したことも。

 

信州は、自然に溢れていますね。

  花盛りの信州へ

当園の中庭にも花が咲き乱れ、寒かった冬から解き放たれ、春を謳歌しているようです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして近くの山々も、これまではゆっくりゆっくりと若葉が広がってきましたが、GW明けには 一気に頂上を目指します。
かつて、漂泊の俳人と呼ばれる種田山頭火が読んだ句「分け入っても、分け入っても、青い山」まで間もなくです。

  満開、満開、満開。

当ブログをなかなか書けなかった間に、冬が通り過ぎで春へ。
山に囲まれたこの地域にもやっと春が訪れています。

 

まずは、満開の当館中庭の桜。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、同じく中庭のライトアップされた桜。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前に訪れた近くの「あんずの里」(その時は、八分咲きくらいかな?)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、最後は、ライブ中継中の上田城の桜をロビーのPCで「お花見」


  あけまして、おめでとうございます。

p1070505-jpg-2

あけまして、おめでとうございます。

 

写真は、今朝の当館から初日の出を撮影したものです。

 

今年も、皆様にとって、良い年でありますように。

  「真田丸」で、忙しい年でした。

今年もあと数日になりました。
今年は、春過ぎから「真田丸」「真田丸」・・・「真田丸」で、大忙しの毎日でした。
ふと気が付くと、このブログも7月中旬から更新していないとは・・・。

 

毎日、全国からの歴史ファン、真田信繁ファン、大河ドラマファンの皆様にご宿泊いただきました。
また上田城跡や松代は、数多くのお客様で、連日大賑わいでした。

 

ドラマも終わり、あれほど混雑した上田城跡等々も落ち着きを取り戻したようです。
静かになった今だからこそ、ゆっくりと城跡や上田の街歩きも楽しめそうです。

 

年が明けたら、のんびりと「真田一族」に触れに、お越しになりませんか?

  「特別展 真田丸」を見てきました。

上田市立美術館で開催されている「特別展 真田丸」を見てきました。

 

プロモーション動画はこちら ↓  (上田市立美術館のHPより)

平日だったためか、さほど混んではいませんでしたが、巡回展の最初である東京ではかなりの人数が集まったそうですね。

 

展示されているのは、真田信繁(幸村)公所用の鎧(よろい)を始めとして真田家の遺品や当時の文書や絵画等々で、上田会場のみの展示品も多くありました。
大河ドラマ『真田丸』ファンには必見かもしれません。

 

開催は、8月21日(日)まで。
その後は、大阪だそうです。

 

当館へご宿泊の前後に、ぜひお立ち寄りになっては、いかがですか?

 

  『アートワーク』は、どうしよう。

カラオケルーム入口の上田紬のタペストリー

カラオケルーム入口の上田紬のタペストリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅館でもホテルでも開業の際や改装時に考えるのが、「アートワーク」。つまり、絵とか置き物とかといった「装飾」です。

当館で今年の春に行なった大きな改装でも、ここは何を飾ろうかと考えていたスペースがいくつかありました。

できる限り「地元のモノ」を飾りたいと考え、今回は日本三大紬(つむぎ)のひとつに数えられる『上田紬(つむぎ)』を採用しました。 (以前の食事処の改装の際は、当館がある千曲市の『あんず染め』のタペストリーを通路壁面に飾っています。)

「上田紬」は、大浴場「さざれの湯」の入口やカラオケルーム「旅唄横丁」の通路壁面に飾ってあります。

今回は、上田紬の工房を訪れ、生地を選び、職人さんと打合せして、タペストリーを作ってもらいました。
大浴場には、美しい紬のグラデーションを活かして生地そのままを裁断して飾り、カラオケルームの通路には何種類かの紬の生地をパッチワークのように仕上げてもらいました。

「アートワーク」は、無くても問題ないのかもしれませんが、あれば「場のうるおい」でもあり、「心落ち着く」モノだと思いますし、ちょっとしたセンスを問われるモノでもあります。

お風呂に入る時やカラオケご利用の際に、ぜひ『上田紬』を見てくださいね。

  上田の街は、「六文銭」だらけ

「六文銭」と言えば、真田家の家紋や旗印として有名ですね。

大河ドラマ『真田丸』が始まる前から、上田の街を歩くと、あちらこちらに「六文銭」をモチーフにしたデザインを見ることが出来ましたが、ドラマ開始後は、より一層増えたように思います。

休日に上田の街を散歩してきましたので、その時に集めた「六文銭コレクション」の一部を紹介します。

歩道の花壇にも六文銭
歩道の花壇にも六文銭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンホールのふたにも六文銭

マンホールのふたにも六文銭

 

 

 

 

 

 

 

 

町名表示にも六文銭

町名表示にも六文銭

 

 

 

 

 

 

 

 

街中の案内地図にも六文銭

街中の案内地図にも六文銭

 

 

 

 

 

 

 

 

上田駅の外壁にも、六文銭

上田駅の外壁にも、六文銭

 

 

 

 

 

 

 

 

上田城脇の歩道のイスも六文銭
上田城脇の歩道のイスも六文銭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
と、ちょっと歩いただけでも、たくさん見つかりますよ。