花盛りの信州へ

当園の中庭にも花が咲き乱れ、寒かった冬から解き放たれ、春を謳歌しているようです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして近くの山々も、これまではゆっくりゆっくりと若葉が広がってきましたが、GW明けには 一気に頂上を目指します。
かつて、漂泊の俳人と呼ばれる種田山頭火が読んだ句「分け入っても、分け入っても、青い山」まで間もなくです。